留学でありがちなロストバゲージ

留学の際には荷物を持って飛行機に乗ることが一般的ですが、機内に持ち込める荷物の量は限られています。

そのためキャリーバッグなど大きな荷物は飛行機に搭乗する際に一度預けることになるのですが、ここでよく見られるトラブルとなるのがロストバゲージです。

ロストバゲージというのは荷物の紛失、つまり飛行機側の手違いや別の乗客が間違えて持って行ってしまったなどの事情で荷物が正常に受け取れなかったということです。

これが発生してしまうとこれからの留学に期待を膨らませていた気持ちが一気に打ち砕かれることになるのですが、こうしたロストバゲージのリスクはどうあってもゼロにはなりません。



ただ最近では留学斡旋会社が空港でのお出迎えサービスを提供していることがありますので、このサービスを申し込んでいる場合は空港係員にロストバゲージが発生していることを伝え、同時にお出迎えに来てくれたスタッフにも荷物を紛失したことを伝えるようにしましょう。

運が良ければその後発見されてホームステイ先などに宅配便で送られてくることになりますし、中には自分が見落としていただけで改めて空港係員やお出迎えスタッフがチェックしたら見つかったといったようなケースもあります。ただし中にはどうあっても荷物が見つからずそのまま一切のものが返ってこなかったということもあり得ますから、事前にロストバゲージが発生した際に備えた保険などに加入しておくことを忘れないようにしましょう。

NAVERまとめが最近こちらで話題になりました。

保険に支払うお金を渋って荷物を全部失ったということになると留学の意味が薄れてしまうこともありますから、ここは事前に必ず確認しておくようにしてください。

留学について調べるなら、こちらをご覧ください。